STUDY_Smart speaker#01

STUDY_Smart speaker#01

年内のAmazon Echo発売に備え、いくつか情報を整理していきたいと思います。

音声アシスタントとは?

音声アシスタントとは、人の話し言葉を集音して分析し、その結果をコンピュータに命令としてフィードバックする一連の機能/サービスです。
参考:マイナビニュース

私たちの知っている中ではiOSに搭載されているsiri、Galaxyに搭載されているgoogle assistantが有名です。
hey,siri. OK,google.で話かける彼らのこと。

Amazon Echo?Google Home ?

日本国内は年内と噂されているamazon Echoはamazonが開発している音声アシスタントのAlexaを搭載するスピーカー型デバイス。アメリカでは2014年発売のものが2017年日本市場に参入予定。
Google HomeもAmazon Echoと同じくスピーカーデバイス。Google assistantを搭載しています。
参考:Techcrunch

ほかLINEのClova Waveやスピーカー機能だけでなくディスプレイも搭載したAmazon showなど多様な機種開発されており、順次日本市場に参入予定です。
参考:ロボスタ

音声アシスタントおよびスピーカーデバイスの選び方

上記に貼ったロボスタの記事の中で

アプリの数で選ぶなら?
スマートスピーカーには、スマートフォンの「アプリ」のようなものが用意されている。AmazonとLINEはそれを「スキル」と呼び、Googleは「アクション」と呼んでいる。このアプリケーションの多さがスマートスピーカーの優劣を決める部分も大きいという考えもある。

とあります。
スマートスピーカーは例えるなら、スマートフォンのように基本OSを搭載しアプリケーションにより必要機能を拡充しカスタマイズしていくデバイスである。音声入力のみのスマートフォンのようなものだと考えればわかりやすいように思います。

スキル?アクション?

上述した通り、スマホにおける「アプリケーション」がスマートスピーカーにおける「スキル」「アクション」です。OSの名称が「alexa」「google assistant」である、という構造だと考えるとわりかしわかりやすいように思います。

Amazonの音声プラットホームAlexaの‘スキル’が、15000を超えた。それらが、EchoスピーカーやEcho Dot、Echo Showなどのデバイスの上で、多彩な‘芸’を披露する。Amazonの2月の発表では10000だったが、それ自体は昨年9月に比べて3倍増だった。
参考:techcrunch

現状Aamazon Alexaのスキルの開発が伸びています。
中でも伸びているのは「Flash Briefings」というニュースの読み上げアプリである。これらは開発の容易さも相まって多く数を伸ばしているようです。

スキルのタイプは大きく3つ
・Custom Skills
・Smart Home Skills
・Flash Briefing Skills
それぞれのスキルは下記参考サイトで詳しく。
参考:Developers.IO

簡単に整理すると

Custom Skills
→イチから自由に作るskill。googleカレンダーや外部サービスと連携したりも可能。(「ピザ頼んでおいて」でピザハットにコールorwebサイトにアクセスして注文が行くようなSkill)

Smart Home Skills
→家のIoTデバイスと連携したSkill。「電気消して」「エアコンを快適な温度に」などのお願いが可能。

Flash Briefing Skills
→これが上述した「ニュース配信+読み上げアプリ」。比較的制作が容易なskillであり、すでの数万のものがリリースされている。

人気トップ10のskill

人気の高いカテゴリーは(以下の順で)、ニュース、ゲーム、教育・辞典、生活、トリビア・ユーモア、であるとAlexaのチーフエバンジェリストのDave Isbitski氏はブログで述べている。
参考:THE BRIDGE

スキルマーケットはこちらから
Alexa skill market

つづきはまた。
thank you! I love you.