はじめまして。
2 月に入社したよっしーです。

私はいまILY.でデザイナーとして仕事をしていますが、前職、前々職もデザイナーではありませんでした。美大出身でもありません。

なんで未経験でILY.に入れたの? デザイナーになれたの?
会社の紹介も兼ねてお話ししたいと思います。

Why designer ?:どうしてデザイナーになったの?

新卒でトーマツに入社し、3年目でLIGに転職しました。

LIGではクライアント対応やイベント運営、転職サービスの運営、進行管理、営業サポート、自社サイトの改修サポートなど…、幅広くやらせてもらった分、進行がうまくなって仕事も楽しくなっていました。

その一方で、社外に共通の話ができる人がいないことや、みんなのおケツを叩くような仕事を繰り返してると、徐々に孤独感を感じる機会が増えていました。いつのまにか自分は口は出すけど何も生み出せない、“何者でもない”コンプレックスを持ってしまったように思います。

ある制作案件で、ユーザーニーズを考えてデザインする、デザイナーのその細部のこだわりに感動しました。ユーザーのことを関係者の中で一番考えているんじゃないかと。制作の軸になることをすべてデザイナーに相談していました。

自分でその価値をつくることができる、魅せることできるデザインの力ってすごい。

「喜んでもらえる仕事がしたい、これからはデザインを仕事にするんだ!」と、気づいたらデザインの本を買ってました。

Why ILY. ?:どうしてILY.に入社したの?

そうこうしているうちに、気づいたらデジハリに通っていて、
気づいたらWantedly経由で何社かデザイン会社に面談にいって「どうしたらデザイナーとして雇ってもらえますか?」って聞きに行ってました。

そのタイミングで、FacebookでILY.の採用募集の投稿を見つけ、
すぐに代表宛に連絡をして面談をさせてもらうことに。

「よっしーのスキルいいね。足りない部分は努力で補えばいい、やりたいことやればいい。」

そう言ってくれる会社はILY.だけでしたし、そんな柔軟な考え方が自分の中でしっくりきました。未経験で採用してくださった度量の大きい社長や、サポートしてくださるみんなに感謝です。

近くの居酒屋で大きい軍艦ずしを食べながら内定いただいのが思い出深いです。

What ILY. ?:どんな会社?

ILY.は、自由と責任のバランスがとれた会社だと思います。

働き方の自由でいえば、現在地方や海外など場所に捉われない働き方ができるように仕組みを整備しています。

小さい会社なので経営理念や社訓はありません。
ただ、代表がよくおっしゃられるのが「共に闘おう」という言葉。私たちはある方向に向かうための仲間の一人で対等なんだよ、と。そういって大きい仕事を任せてくださるのは非常に嬉しいことだと思っています。

かといって案件をやるだけじゃない、ちょっと遊びのあるところが好き。
LABOというくくりで、自分たちがつくりたいものを研究して傘や花屋さんなど商品やブランドを開発してみたり、デザインを楽しむことを忘れない無邪気さも持ち合わせています。こっそり販売計画も立ててます。

仕事に厳しく、成果を出して、楽しむときは楽しむ。
これを1期目から実践できているのがすごい。

What be going?:これからどんなことをしていくの?

今後もブランディングやクライアントの課題解決など、
制作案件に捉われずチャレンジしていけるのではないかなと思っています。

2045年のシンギュラリティを迎えるまでに人間がやれることがなんなのかを研究し、それまでに私たちは人工知能ロボットAILY.(エーアイリー)ちゃんを生み出すことができるでしょうか…?
AILY.ちゃんのおかげで私たちは働かなくていい将来がくるのかも。

SESSIONという外部向けのセミナーや、LABOを不定期で開催しながら、真面目に、でもゆるく楽し〜く、中2…いや小2精神で未来を考えています。

SESSIONのご案内はFacebookで。
機会があれば参加してみてくださいね。

公式飲料のハイボールとワインを片手に未来を語り合いましょう♡

Ending:さいごに

最後に、ILY.は明日から香港研修に行ってきます!!!!!!

現地で香港文化やデザインの未来など研究をします。(あくまで研修)
研修の様子はまた後日ご紹介します。

では!